早漏はジェネリック医薬品で安価に治せる

ジェネリック医薬品 早漏は男性のプライドにかかわる大きな問題ですが、病気とは見なされないのが普通で、それだけに悩みも深刻になりがちです。
しかし近年では、飲んで早漏を治療できる治療薬が開発されています。
これらの薬は早漏の原因となる性交時の緊張や焦りを和らげ、精神をリラックスさせることで、射精までの時間を延ばす効果が期待できます。
アメリカで行われた実験では、持続時間が平均3~5倍に延びたと報告されています。

もともと抗うつ薬を服用すると性交の持続時間が延びることが知られており、この効果を利用して開発されたのが早漏治療薬です。
主成分はダポキセチンで、脳内のセロトニンの濃度を高める作用があります。
セロトニンは不安や緊張を解消し、気分を落ち着ける働きのある神経伝達物質です。
この物質が射精中枢に働きかけ、自分自身をコントロールしやすくすることで、早漏改善に繋がると考えられています。

早漏治療薬は精神に作用する薬なので、慎重に服用する必要があります。
体質に合わない場合は、吐き気・めまい・動悸・下痢といった副作用が生じる恐れがあります。
我慢できる範囲で収まる場合も少なくありませんが、こうした症状が重くなったら、すぐに服用を中止し、病院で相談してください。
また他の抗うつ薬と併用すると、自殺願望が高まるとも言われています。肝疾患や血栓症などの方は服用に注意を要し、抗真菌薬やHIV治療薬との併用も禁忌となっています。

早漏治療薬は1日1回の使用が基本で、性交の1時間ほど前に服用します。
適切な用量は人によって異なり、30mgから90mgまで何種類かの錠剤が発売されています。
大量に飲めば早く効くわけではなく、服用の間隔は少なくとも24時間以上空けなければなりません。
ED治療薬と併用するのは問題ないため、両者をミックスした薬も販売されています。中年以降は早漏とEDを併発するケースも多いので、手軽で便利な治療法と言えるでしょう。

海外からジェネリック医薬品は個人輸入しよう

現在日本の厚生労働省は早漏治療薬を承認しておらず、保険の適用もありません。
一部の病院では早漏治療薬の処方を受けられますが、診療費も含めて価格は高めです。
安価で治療薬を手に入れたいなら、ジェネリック医薬品を利用するという方法があります。具体的にはポゼット・ダポキシー・デュラティア・プレジャックなどの商品名で販売されています。

ジェネリック医薬品の主成分はダポキセチンで、先発薬とまったく同じです。
しかし特許料を支払う必要がないため、安価で購入できるという特徴があります。
デュラティアは30mg、ダポキシーやプレジャックは60mg、ポゼットは30~90mgの各種錠剤が流通しています。
メーカーは違いますが効果に差はないので、価格や入手のしやすさで選ぶと良いでしょう。
服用方法も先発医薬品と同じで、例えばポゼットは性行為の前に服用するというのも全く同じです。

こうしたジェネリック医薬品は、厚労省の承認を受けていないので、国内の薬局では購入できません。
そのため手に入れたいなら、海外まで出かける必要があります。しかし個人輸入代行サイトを利用すれば、日本にいたまま簡単に購入できます。
通関などの面倒な手続きは業者がやってくれるので、通販ショップと同じような気軽さで利用できるのがポイントです。なにより安価で薬を購入できるのが最大のメリットと言えます。

早漏はできることなら誰にも知られずに治したいのが普通でしょう。
病院へ行くのと違って、個人輸入代行サイトなら他人と顔を合わせる必要がなく、商品名も伏せて発送されるのでプライバシーが守られます。
個人輸入そのものは合法であり、後ろめたいことは何もありません。ただし業界に厳しい規制がなく、ときには悪徳業者も存在するため、信用できるサイトを選ぶことが大切です。